車を売るならどこがいい?ビッグモーターがおすすめ!

車を売却する際の注意点として6つのことがあげられます。
それは、お金の流れ契約書の内容名義変更のタイミング自動車税の返納リサイクル預託金消費税の税率改定時期です。

まずお金の流れですが、売る側としては、集金が完了した時点で全ての取引が終了となります。
これは売買契約書の中に明記することが確かだと考えます。
また契約書の約款は中古車売買に限らず一通り目を通す癖をつけましょう。

また名義変更のタイミングですが、3月上旬までに行うことをお勧め致します。
なぜなら、自動車税は所有者若しくは使用者に対して請求されます。
万が一、3月末に売る場合、請求先の変更が間に合わないこともありますので前所有者に請求がいってしまいます。

リサイクル預託金につきましては、基本的に売買金額に含まれた形で記載されております。
売買契約書の内訳項目を確認し、記載がない場合は売る側への確認が必要です。

最後に消費税の税率改定につきまして、税率改定の施行日までに売買を行えば問題ありませんが、名義変更など全てを完了する必要があります。
車業界だけではありませんが、契約関係に関しましては際どい時期に急かして売買を行うより、少しでも余裕をもった契約をお勧めします。

参考:車を売るなら

車を売るならどこが高い?ビッグモーターです!

廃車や事故車を売るなら<ビッグモーター>にお任せください。
ビッグモーターなら、廃車レッカー代もそして書類の代行も全て行ってくれるので安心です。
昔は廃車や事故車は廃車量を払わなければいけないため、山中への不法投棄が多くどうなる事か心配されました。
今は、廃車料を払うどころか、例えわずかでもお金がもらえるので、不法投棄の車は姿を消しました。

ビッグモーターがどうして事故車や廃車でも売ることが出来るのか?
その理由はビッグモーターが買取った車の販売先や利用の仕方が確立されていて、しっかり売れるからです。

例えば、廃車しかないとか不動車でも0円で買えるのは、国内だけでなく海外へも販売するからです。
そうすると、すでに生産が中止になって部品も製造されないため、修理に困っていた車が廃車や不動車から必要な部品を外して使えます。
このように動かない車でも部品を利用したり、資源として十分価値があります。
廃車の再利用は地球環境のためにも大きな貢献をしています。

また、ビッグモーターに売る際に良いところは、廃車や動かなくなった車のレッカー代をお客様が払わなくてすむことです。
ご存じのようにレッカー代は1時間当たりかなりの高額になりますが、ビッグモーターで負担してくれますし、諸手続きに関しても一切ビッグモーターが負担をするので追加料金が請求されることがありません。

どうにもならないと思っていた事故車や廃車を売るなら、安心してビッグモーターにご相談ください。
プロの専門スタッフによる安心のサポートが受けられます。