漫画買取で少しでも高く売るコツは?

漫画買取おすすめ方法その1.イベントを狙う!

読み終わったマンガ本を買い取ってもらうときに、捨てるのにはお金がかかるけど、少しでもお金が貰えるならラッキー、と考えていませんか?

せっかく愛読していた作品なので、出来れば高く買い取ってもらいたいですよね。
今回はコミック全般を高く売るためのコツを紹介します。

店舗に持ち込む場合はイベントを狙え。
店舗によって「雨の日は買い取り額up」や「10冊以上持ち込むと買い取り額up」「9時から10時までは買い取り額up」といったイベントを実施している店舗があります。
事前にこういったイベント情報を調べ、少しでもお得に買い取ってもらいましょう。

漫画買取はタイミングが大切。
古着や中古の靴などは売りたいときが売り時と言われています。
どんどん買い取り価格が下がっていくからです。

漫画買取も基本的には同じですが、例外があります。
メディア化された時です。

特にドラマや映画で大ヒットをした場合は、買取価格が上がることがあります。
最近では3月のライオンがそれにあたります。
少し古いコミックでもメディア化される、されそうなときはいったん様子を見た方が良いです。

以上のように漫画を売る際には保存状態をよくするなどの他にもちょっとしたコツがあります。
ぜひ一度情報を仕入れてから売りにいくことをおすすめします。

出典:https://www.mangakaitori-hikaku.net/

漫画買取おすすめ方法その2.ネット宅配サービスで売る!

読み終わった漫画の処分に困っている人も多いはずです。
ゴミとして本を捨ててしまうのは、抵抗感があるけどどう処分したらいいか分からず困っている人もいるかもしれません。
そんな場合には、漫画買取を利用すれば要らなくなったコミックを買い取ってもらう事が出来ます。

最近ではお店に持って行かなくても、ネットでマンガを買い取ってくれる所が増えており宅配で買い取ってくれます。
ネットでの漫画買取は、ネットから申込を行うと宅配業者集荷に来てくれるのが主流になっています。

そのため、自分で本を運んで行く必要もありませんから本当に便利です。
ほとんどの漫画買取業者が送料も取りません。

また買い取りの業者によっては、大量に売ると特典が付いて査定した金額にプラスした料金が付く所もあります。
人気作品などは、シリーズで売ると高値が付いたりする事もあります。

マンガ本を売る時には、そういったネットで買い取ってくれる所を利用すれば便利です。
買い取ってくれない作品でも、処分してもらう事が出来ますから送り返される心配はありません。

せっかく買ったものを、ゴミとして捨ててしまうのは、もったいないですし誰かにまた読んでもらった方が嬉しいものです。

漫画買取おすすめ方法その3.同人誌はまんだらけで売る!

普通の漫画なら近くのリサイクルショップで売るんですけど、同人誌やかなり昔のレア本って買い取ってもらえない事が多いんですよね。

大抵は査定不可となり、買取してもらえないような同人誌を結構溜め込んでました。
しかしまんだらけだと殆ど値段をつけて買い取ってもらえたので、漫画を売る際はまんだらけにって決めてます。

昔まんだらけに立ち寄った際に同人誌の古本コーナーを見かけたことがあり、まんだらけなら買い取ってもらえるかも?と宅配買取申し込み時に問い合わせて聞いてみました。

実物の保存状態次第ですが、同人誌や古い本だからという基準だけで判断せずレア本なら相応の価格で買い取りますとお返事をもらいました。

これなら売り損ねていた古いレア本でも査定不可とかではなく、ちゃんとした値段で買取してもらえそうだなと思って、宅配申し込みを済ませました。

こちらでダンボール等を用意し、必要書類と漫画を詰めます。
搬送中に痛まないよう緩衝材で包んで送るだけ。

配送料は元払いなので、かかった費用は緩衝材代ぐらいでした(ダンボール箱は自宅にあるのを使いました)。
漫画はレア本50冊程度、同人誌20冊、普通の漫画70冊と全部で140冊程度で、ダンボール二箱に分けて送りました。

何気にビックリしたのは、査定金額の受取です。
査定金額の連絡は配送から二日後にきたのですが、指定銀行口座への振込みは5日ほどかかりました。

まんだらけでお願いして良かったと感じたのは、査定金額の高さです。
買取してもらえなかったレア本もありますが、高い物は2000円ぐらいついたんですよね。

トータルで8000円以上になりましたし、結果的にまんだらけの宅配買取を利用して良かったと満足しています。