MENU

車に乗らない人が増えているそうだけど、すごく楽しい乗り物なんだけどね?!

車は積極的に乗った方が良い!

 

現代は移動手段がとても便利になったことで、必ずしも車での移動というのが必要というわけでは無くなってきました。
ただ、車に乗るとやはり移動が便利なので車は積極的に乗った方が良いかなと思います。
最近の若い方は車の免許自体の取得をしない方も増えてきているそうですが、一度免許を取っておくと身分証明書にもなりますしいざという時に車を運転することができるので、ぜひ取得した方が良いと思います。
車は高くて維持費が高いというイメージを持たれている方も少なくないので、それで車に乗らない方もいると思います。
最近は軽自動車がとても流行っており、車体もカッコよく燃費もかなり良いので人気を集めています。
軽自動車なら維持費もとても安く済むので、決して車を所有することは難しいことではありません。
やはり電車やバスで移動するとなると、いつでも好きな時に移動することができないので車があるととても便利です。
ちょっとしたお買い物や通勤、更にはプライベートで旅行やドライブにも活用できるので車はできることなら乗ってみてほしいです。
運転することで絶対に車の良さや便利さが伝わるはずなので、これからの若い方達にはぜひ積極的に車に乗ってほしいです。

 

 

車の選び方について

 

車を買うためには多くのお金が必要です。人生において大きなイベントのうちの一つとも考えられますね。
そう考えると車はどうやって選んだらよいのか迷ってしまう人も多いかもしれません。
いろいろ買って試してみるというわけにもいきませんよね。
とても難しいと思います。
でも、いつまでも悩んでいるわけにはいきません。
自分で選ばなければいけないと思います。
私の場合はデザインや名前で選ぶのもいいと思いますけど、やはり重要なのは乗っていて快適かどうかということなのではないでしょうか。
どんなにかっこよくても長時間運転をしたら疲れてしまったというのはちょっと嫌だなあと思いました。
みなさんはどのような選び方がありますか?
ポリシーをもって車を選ぶことも大切だと思います。
勿論、見た目で選ぶという人もいるでしょう。
それは人それぞれです。私は他人のポリシーに口出しをすることはできません。
お金を出すのは本人ですからね。
車を選ぶときは慎重になるかもしれません。
しかし、車を運転するということ自体の楽しみ方は車種にはよらないのかもしれませんね。
車は移動手段としても便利ですが、それだけではなく走行することにも楽しさを見出したいものです。

 

 

車のステータス

 

良い車を見ると、乗っている人の事をつい想像してしまいますね。
特に高級車は美しさでも目を奪われる事が多いのですが、価格を知っているとそれが買えるだけの収入がある人なのだという色眼鏡で、その所有者を見てしまいます。
1000万円を超えるような高級車は、なかなかお目にかかりませんが、数百万程度の、頑張れば庶民でも手の届く高級車というものもあります。
例えば新車では買えなくても中古車なら手が出せそう、なんて車はありますね。
そういった手段で高級車を安く手に入れた場合でも乗ってしまえばオーナーですから新車で買ったと変わらない雰囲気は味わえます。
近頃ご近所が車の買い替えブームが起こっていて、これまで頑張って乗った10年ものの古い車が次々と新車へ変わっていますが、その中でも目を引くのはやはりドイツ製高級車の2大メーカーのものですね。
停まっている車が違うだけで、その家のステータスまで変えてしまうような大きなインパクトを車は持っています。
そのような高級車の事を考え、自分の家でももしかすると手が届くのでは、と価格を調べたりするのです。
そして意外にも手の届く範囲にいわゆる高級外車がある事に気づきます。
このようにしてご近所には似たレベルの車が並んでいくのでしょうね。

 

 

車に乗る時は必ずシートベルトを

 

車を運転する人はシートベルトの着用が義務付けられていますが、後部座席に乗る人もシートベルトを着用しましょう。
車の後部座席のシートベルトを締めていない人が沢山いるのが残念です。
運転をする人は安全のためにも後部座席に乗る人にもシートベルトを着用してもらいましょう。
普段からシートベルトに慣れていない人はシートベルトの着用を億劫に思ってしまいますが、歯磨きと同じであり慣れれば習慣になり簡単に装着できます。
普段から歯磨きをして虫歯予防に努めている人が歯磨きをせずに眠ろうとすると虫歯になるのでは、といった懸念にて不快に思ってしまうのと同じであり、シートベルトが習慣になればシートベルトを着用せずして車に乗るとどことなく不安になるようになります。
後部座席はシートベルトを着用せずとも安心で安全、それは間違いです。
後部座席の人間がシートベルトを着用しないまま事故に遭うと、後部座席の人間が衝突などの衝撃により、車の中をゴムまりのように跳ね回り、自分もかなりの負傷を追ってしまいますし他の人間もかなりの負傷を負う事になります。
運転席の人間はシートベルトをしていたお陰でガラスの破片を浴びるだけで済んだけれど、後部座席の人間はガラスに突っ込んでしまった、そんなのは嫌ですよね。

 

 

車の運転では事故に注意が必要

 

車に乗り始めて10年以上が経ちましたが、我が家の生活には欠かせない存在ですね。
平日は妻が通勤に使っていますし、土日といった休日になれば、どこへ出掛けるにも車で移動します。
電車と違って自分のペースで移動出来るというのが良いですね。
私には2人の子供がいるので、いつトイレと言われるかも分からないですし。
電車だとなかなかトイレに行けなかったりしますが、車だと最寄りのコンビニなどでトイレを済ます事だって出来ますからね。
ただ、車を使う上で注意しないといけないのが、「事故」ですね。
私も過去に3度ほど事故を起こしています。
中でも一番最初に起こした事故は、一歩間違えると大変な事故になっていた可能性がありました。
車対車の事故だったのですが、こちらは人を乗せていた助手席側に相手の車が当たりましたからね。
幸いな事に怪我人も無かったのですが、こちらの車は廃車になるというほどの事故でした。
後にも先にもこれほどの事故は起こしたことは無いですし、起こしたくもありません。
車は大変便利ですが、事故にはくれぐれも注意する必要があると思います。
車は便利である反面、一歩間違えると凶器にもなりかねないので、これからも安全運転を心掛けて行きたいと思います。

 

 

車を売ることになったら

 

車を売却する際の注意点として6つのことがあげられます。
それは、お金の流れ、契約書の内容、名義変更のタイミング、自動車税の返納、リサイクル預託金、消費税の税率改定時期です。
まずお金の流れですが、売却する側としては、集金が完了した時点で全ての取引が終了となります。
これは中古車売買契約書の中に明記することが確かだと考えます。
また契約書の約款は中古車売買に限らず一通り目を通す癖をつけましょう。
また名義変更のタイミングですが、3月上旬までに行うことをお勧め致します。
なぜなら、自動車税は所有者若しくは使用者に対して請求されます。
万が一、3月末に売却してしまった場合、請求先の変更が間に合わないこともありますので前所有者に請求がいってしまいます。
リサイクル預託金につきましては、基本的に売買金額に含まれた形で記載されております。
売買契約書の内訳項目を確認し、記載がない場合は売主への確認が必要です。
最後に消費税の税率改定につきまして、税率改定の施行日までに売買を行えば問題ありませんが、名義変更など全てを完了する必要があります。
車業界だけではありませんが、契約関係に関しましては際どい時期に急かして売買を行うより、少しでも余裕をもった契約をお勧めします。

 

 

姉妹サイト

 


車売るなら!

 

次に希望する車種やグレードの車を買うためにも、今の乗っている車は少しでも高く売りたいですよね。?
こちらのサイトでは車を少しでも高く売るたものコツを公開しています。
車種別、年式別の買取金額や下取り金額などの事例を、豊富に掲載していますので、売却の際の参考になると思います。
宜しければ、お役立て下さい。